「九州じゃんがら」の店舗はどこにありますか?

「九州じゃんがら」の店舗は以下の通りです。

営業中の店舗
  • 秋葉原本店
  • 原宿店
  • 銀座店
  • 赤坂店
  • 西武池袋店
閉業した店舗
  • 神田西口店 (銀座店の移転準備中の仮店舗)
    …「銀座店」の移転完了により2010年閉店
  • 日本橋店
    …日本橋一丁目中地区の再開発により2020年閉店
  • 表参道2F
    …「ヴィーガン・ビストロじゃんがら」へ業態変更のため2021年閉店
  • 神田須田町店
    …営業体制の集中のため2023年閉店
海外の店舗
  • Kyushu Jangara Thailand - คิวชูจังกะระ ประเทศไทย
    PM Group との提携店でタイ・バンコク市内に複数店舗がございます。

なお、創業より今日までに、上記以外の場所への出店はございません。

「東京じゃんがら」と「九州じゃんがら」は違うのですか?

「JR東日本クロスステーション(JR-Cross)」と「九州じゃんがら」がタッグを組んだ新しい業態の店舗が「東京じゃんがら」です。
それぞれの強みを活かした商品、サービスをご提供しますので、取り扱いメニューは異なります。
企画・運営は「JR東日本クロスステーション」が行なっています。

「九州じゃんがら」の店舗以外で販売されている商品はありますか?

コラボレーション商品につきましては以下の通りです。

  • 日本航空「JAL特製『九州じゃんがら』ヘルシーラーメン」
  • ヤマダイ[ニュータッチ]「九州じゃんがらシリーズ」カップ麺(全6種)
    ※期間限定商品のため、すべて販売終了しています。
  • おみやげ箱らあめん[インスタント生麺]
  • からしたかな(辛子高菜)[パウチ]

「おみやげ箱らあめん」、「からしたかな」は「九州じゃんがら」各店ほか以下でも販売しております。

店舗ののれんや看板にある「ブルカン塾」とはなんですか?

「ブルカン塾」は「九州じゃんがら」の原点で、品川区大崎にございます進学補習教室です。
「ブルカン塾」の経営基盤を支える目的で「九州じゃんがら」は創業(1984年)しましたが、現在は双方ともに完全に独立しております。

「全部入り」は『九州じゃんがら』で誕生した言葉なのですか?

創業から間もない頃、「秋葉原本店」でお客様から生まれた言葉です。
スタッフ「具は何を入れますか?」
お客様「全部入れて!」「全部入り!」
というやりとりから生まれた”全部入り”です。
「九州の美味しいものを一度に味わえる”全部入り”… 響きがいいね!」と広がり、現在に至っています。

店舗に日本語以外のメニューはありますか?

日本語以外には、英語、中国語、韓国語、タイ語 のメニューを全店舗にご用意しております。
お気軽に店舗スタッフへお申し付けください。

店舗に貼られているイラスト(絵手紙)の作者は誰ですか?販売はしていますか?

当社代表 下川高士の著作となります。
「元気がでる詩画集シリーズ」として書籍化されており、『九州じゃんがら』各店舗、オンラインショップでも販売しております。

タレントさんの差し入れやイベントでのケータリングの話題を見かけますが、依頼できますか?

ケータリングの専門部署を設けてはおりませんので、ご相談いただいて、スタッフ、機材等の支度が整う場合に限りお受けしております。

季節商品などの情報は、どのように知ることができますか?

確定した情報(発売日・終売日)は本HPでお知らせしております。公式X(旧Twitter)では、期間限定商品など、より早い段階で予定をお知らせしております。