創業当初、『九州じゃんがら』が送り出した「濃厚スープ」は時代のニーズに合わず、あえなく消えます。
そのため、材料に野菜を加えるなど、工夫を重ねて誕生したのが「九州じゃんがら」の「マイルドなスープ」です。
さらにそこから、四年の歳月をかけ、進化させた「濃厚スープ」の「ぼんしゃん」が誕生します。
しかし、下川の中に燻っている思いがありました。
「ラーメン店をやると決めた時に思い描いたものは、まだ作っていない」
下川の心の真ん中にあったのは、自身が育った熊本・玉名のラーメンでした。けれども、当時の玉名のラーメンは野性味のある匂いも特徴だったのです。
考えあぐねた結果、玉名から少し南、熊本市内のラーメンから着想を得ます。

『九州じゃんがら』赤坂店の開店準備が進む中、真新しい厨房で、二名の有志が試作に取り掛かりました。
ひとりは、大きな寸胴を前に、ステンレス製のパイプで「煮えたぎる豚骨のスープとガラ」を混ぜ合わせます。もうひとりは、「にんにく」をごま油で揚げます。集中を切らさないため、他のスタッフをシャットアウトした状態で、何日にも渡って試行錯誤は続きました。

どれほどの日数が経ったでしょうか、遂にスープが完成しました。「じゃんがら」と「ぼんしゃん」の中間ぐらいの濃度、やや茶色がかった色みのスープです。この新しいスープには「ぼんしゃん」の仕込みが大きなヒントになりました。「ぼんしゃん」の工程から途中、枝分かれする形で「熊本風の豚骨スープ」が完成したのです。
ほどなくして、香ばしいにおいが食欲をそそる「マー油(揚げにんにく油)」もできあがりました。

1994年「ぼんしゃん」の子供、『こぼんしゃん』は、『九州じゃんがら』赤坂店とともに産声を上げました。

年表にもどる