「ラーメンをやろう!」と決意した流れから、ラーメンの師匠はすぐに見つかりました。その人は、野田利政さんという長崎卓袱(しっぽく)料理の料理人でした。
「ブルカン塾」を続けながらラーメン修業をさせてもらうため、下川は、「もう歳だから東京には行けない」と渋る野田さんを必死で説得し、長崎の平戸から東京までご夫婦で来ていただきました。野田さんは腕一本で旅館などを渡り歩く腕のいい板前さんでした。
そして秋葉原に、元はスナックだった店を借り、修業の場としました。修業期間は1日に15~16時間で6週間に及びました。

修業を終えて出来あがったスープに「九州じゃんがら」と名づけました。由来は長崎の「平戸のジャンガラ」という伝統行事(※)です。
1984年11月28日、「九州じゃんがら 秋葉原本店」が開店しました。
関わった全員が無我夢中で辿り着きました。「ラーメンをやろう!」と決意した日から開店まで、わずか3ヶ月ほどの短期間であったことに驚いたのは何年も経ってからのことでした。

small>※「平戸のジャンガラ」は国指定の重要無形民族文化財です。 文化庁データベース

年表にもどる