下川は、大学卒業後、乳酸菌飲料メーカーに入社し、配達センターに配属されました。
配達センターは、配達を担う契約社員と共に汗を流す現場の中の現場です。
おかげで、非常に人間臭い付き合いを経験することができました。
充実した日々を過ごす中、下川へ希望していた本社海外部へ異動の辞令がおります。
海外部とは、その名の通り、海外と電話やファックスでの交渉ごとや、やり取りが中心です。
配属されると、語学や貿易実務などの勉強に明け暮れました。
 
そんなある日、大学時代にアルバイトでやっていた家庭教師や塾講師の充実した体験をふと思い出しました。
「自分の情熱は、子どもたちと直に触れ合い、勉強や生き方を教えることでこそ発揮できるのではないだろうか」
海外部で忙しい毎日を過ごす下川に、一度芽生えた思いは次第に大きく育ち、やがて決意にかわります。
ついに下川は会社に退職願を提出したのです。
1979年、下川が 25歳で始めたのが進学補習教室『ブルカン塾』です。
塾の名称は、学生時代に下川が作ったサークル名「ブルドッグ・カンパニー」の略です。ブルドッグのように「カッコは悪いが、愛嬌があり、頑張る心は負けないぞ」という思いを込めた名前でした。

進学補習教室「ブルカン塾」

年表にもどる