『九州じゃんがら』創業にまつわるエピソードから、今日に至る歩みをご紹介しています。

1979

  • 東京・杉並に『九州じゃんがら』の原点、進学補習塾『ブルカン塾』開塾
    エピソード

1984

  • 千代田区外神田で『九州じゃんがららあめん (現・秋葉原本店)』創業
    エピソード
  • 東京風マイルドとんこつ「九州じゃんがら」誕生
    エピソード
  • マイルドとんこつみそ「九州じゃんがらみそ」誕生
    エピソード

1986

  • 原宿・表参道に『九州じゃんがら 原宿店 (現・ヴィーガンビストロじゃんがら)』開店
    エピソード

1987

  • 店内紙「九州じゃんがら春秋」に『九州地方武勇伝 ザ・かんなし!』連載開始
    特設ページ

1988

1990

  • 渋谷区神宮前 東郷神社そばに『バール・デ・じゃんがら』開店
    エピソード

1991

  • 銀座七丁目 花椿通りに『九州じゃんがら 銀座店』開店
  • 原宿・表参道近くに『バール・デ・じゃんがら』移転開店
    エピソード

1993

  • 原宿・表参道「原宿店」と同じビルに『九州じゃんがら 原宿1階店』開店
    エピソード
  • セントラルキッチン『九州じゃんがら 東京工場』稼働

1994

  • 赤坂 日枝神社そばに『九州じゃんがら 赤坂店』開店
  • 熊本系とんこつ「こぼんしゃん」誕生
    エピソード
  • 海鮮しお味「しおちゃん」誕生 ※期間限定商品

1995

1997

  • 詩画集「もっと元気だそうよ」出版

1998

  • オリジナルグッズ「九州じゃんがらキーホルダー」店頭発売 ※その後リニューアル

1999

  • 詩画集「何度でもやり直せる」出版

2000

  • 中央区日本橋一丁目に『九州じゃんがら 日本橋店』開店
  • 詩画集「大切な人に贈りたい本」出版

2002

  • マイルドとんこつ辛味「からぼん」誕生
  • 魚介ダシつけ麺「つけちゃん」誕生

2003

  • 歴史偉人伝「努力は必ず報われる」出版
  • 歴史偉人伝「感謝の心を忘れずに」出版

2004

  • マイルドとんこつ甘麦みそ「むぎちゃん」誕生
  • 「九さま」など九州じゃんがらのラーメンを擬人化したキャラクターが誕生

2006

  • セントラルキッチン「東京工場」移転、大田区仲六郷に『Jファクトリー』竣工

2007

  • ビル建て替えに伴い『九州じゃんがら 銀座店』移転のため休業
  • 臨時店舗『九州じゃんがら 神田西口店』神田西口商店街に開店
  • スタッフの賄い飯から生まれた「納豆むぎちゃん」発売
  • オリジナルグッズ「九州じゃんがらTシャツ、タオル」店頭発売
  • 旗艦店「原宿店 (2階店)」をフルリニューアルし『表参道じゃんがら2F』開店

2008

  • ビル建て替えに伴い『九州じゃんがら 赤坂店』赤坂二丁目に移転開店

2009

  • 新機軸の店舗『東京らあめんタワー』港区浜松町に開店

2010

  • 九州・熊本の温故知新「熊本レトロ」誕生 ※期間限定商品
  • 魚介ダシまぜそば「まぜちゃん」誕生
  • 臨時の営業期間満了により『九州じゃんがら 神田西口店』閉店
  • 銀座六丁目に『九州じゃんがら 銀座店』移転開店
  • モバゲータウン「行列のできるラーメン屋さん」コラボ

2011

  • オリジナルグッズ「九州じゃんがら、ぼんしゃん根付ストラップ」発売
  • 初のインストア店『九州じゃんがら 西武池袋店』西武池袋本店内に開店

2012

  • 動物性食物不使用のスープ「全部野菜の醤油らあめん」誕生 ※期間限定商品
    エピソード

2013

  • 日本航空と共同開発した「JAL特製九州じゃんがらヘルシーラーメン」国際線で提供開始
    エピソード
  • ニュータッチよりカップ麺「辛とんこつラーメン<からぼん>」全国発売 ※期間限定商品

2014

  • ニュータッチよりカップ麺「熊本風とんこつ<こぼんしゃん>」全国発売 ※期間限定商品

2015

  • 日本レストランエンタプライズ (現・JR東日本フーズ)と提携による『東京じゃんがら』上野駅構内に開店
  • 初の海外提携店『Kyushu-Jangara Thailand คิวชูจังกะระ ประเทศไทย』開店

2016

  • ニュータッチよりカップ麺「東京とんこつ<九州じゃんがら>」全国発売 ※期間限定商品
  • 植物性食材だけで作った「濃い口醤油のビーガンらあめん」誕生
    エピソード
  • ニュータッチよりカップ麺「辛とんこつ<からぼん>」全国発売 ※期間限定商品

2017

  • 東京で初めて味わった感動を再現した「東京醤油らあめん」誕生 ※「西武池袋店」限定販売
  • ニュータッチよりカップ麺「熊本風とんこつ<こぼんしゃん>」全国再発売 ※期間限定商品

2018

  • 博多・長浜風とんこつ「博多レトロ」誕生 ※期間限定商品
  • 懐かしくて新しい味「冷やし博多うどん」誕生 ※期間限定商品
  • 植物性食材だけで作った「和風ゆず塩ビーガンらあめん」誕生
    エピソード

2019

  • ニュータッチよりカップ麺「濃厚とんこつ<ぼんしゃん>」全国発売 ※期間限定商品
  • 熊本・玉名風とんこつ「玉名レトロ」誕生 ※期間限定商品
  • キアヌ・リーブス主演映画「レプリカズ」とタイアップ 「暴走こぼんしゃん」誕生 ※期間限定商品
  • 夏のご馳走らあめん「冷やし東京醤油らあめん」誕生 ※期間限定商品
  • キアヌ・リーブス主演映画「ジョン・ウィック:パラベラム」とタイアップ キャンペーン開催

2020

  • ニュータッチよりカップ麺「とんこつ不使用の熊本風らぁめん」全国発売 ※期間限定商品
  • 豚骨を使わずに豚骨の味わいを再現した「熊本マー油のビーガンらあめん」誕生
  • 初のネット店舗「九州じゃんがらオンラインショップ」を開設
  • 九州じゃんがら史上初のインスタント麺「おみやげ箱らあめん」を発売
  • 日本橋一丁目中地区再開発のため『九州じゃんがら 日本橋店』閉店
  • 新機軸店『九州じゃんがらプラス』千代田区神田須田町に開店
  • とんこつ醤油専門店として「九州じゃんがら 赤坂店」が週末限定『土日家』をスタート

2021

  • 休業中だった「表参道じゃんがら2F」をフルリノベーション、『ヴィーガンビストロじゃんがら』開店
  • アーリーイブニングの新しいスタイル「アペロタイム」を『バール・デ・じゃんがら』でスタート

 
 
つづく
 

このページをシェア!! 

ブルカン塾、誕生秘話

下川は、大学卒業後、乳酸菌飲料メーカーに入社し、配達センターに配属されました。 配達センターは、配達を担う契約社員と共に汗を流す現場の中の現場です。 おかげで、非常に人間臭い付...

続きを読む

学習塾がなぜ、ラーメン店?

当時のブルカン塾には、月謝を滞納したり、夏の合宿代を出せない貧しい家庭の子供が多くいました。 そんな時、厳しく催促したりはしませんでした。生徒が求めれば、いくらでも無料で補習をし...

続きを読む

高熱の原宿

秋葉原本店をオープンして、少しずつ『九州じゃんがら』の美味しさ、面白さが広がりを見せていたある時、疲れからか、下川は高熱を出して寝込んだ日がありました。 身体は休めつつも情報だけ...

続きを読む

心のうた、社歌の誕生

1990年にオープンした「バール・デ・じゃんがら」は、現在の場所になる前に、1年ほど原宿の東郷神社近くにありました。 「ブルカン塾」を営んでいる私たちは、私たち自身も勉強して教養...

続きを読む

寛ぎと居心地の空間

分厚い桑の一枚板のカウンター。このカウンターは、嬉しい時、悲しい時、突っ伏して泣ける。そんな高さに設定してあります。 どうぞご遠慮なさらず、大いに涙を流してください。 全長6メ...

続きを読む

見上げてごらん夜の星を

永六輔さん作詞の曲「見上げてごらん夜の星を」は『九州じゃんがら』の社歌です。 1993年に原宿1階店を開店すると、永六輔さんがご来店くださるようになりました。奥様と一緒にご来...

続きを読む

元気がでる詩画集、誕生秘話

ブルカン塾、九州じゃんがらが、何よりも大切にしているのは「‬コミュニケーション‪」‬です。 励まし合ったり、勇気づけ合ったり、語り合ったりすることで、前向きに生きることを創業当時...

続きを読む

九州じゃんがら、誕生秘話

「ラーメンをやろう!」と決意した流れから、ラーメンの師匠はすぐに見つかりました。その人は、野田利政さんという長崎卓袱(しっぽく)料理の料理人でした。 「ブルカン塾」を続けながらラ...

続きを読む

じゃんがらみそ、誕生秘話

『九州じゃんがら』秋葉原本店厨房内、開店に向けての準備の最中、九州出身のあるスタッフが考えていました。 「豚骨ラーメンに味噌ば入れたら、どぎゃん(どのような)味んなるとやろか」 ...

続きを読む

ぼんしゃん、誕生秘話

「スープが濃すぎる」というお客様からのクレームにより、1984年の開店二日後に、一旦封印した『九州じゃんがら』の「濃厚スープ」。 そのスープがふたたび、表舞台にあらわれますのは、...

続きを読む

こぼんしゃん、誕生秘話

創業当初、『九州じゃんがら』が送り出した「濃厚スープ」は時代のニーズに合わず、あえなく消えます。 そのため、材料に野菜を加えるなど、工夫を重ねて誕生したのが「九州じゃんがら」の「...

続きを読む

動物性食材を使わない「らあめん」

海外を中心に、近年では国内も含めて、動物愛護や宗教、アレルギー、健康志向など、様々な考え方から「動物性食材を摂らない」という食の選択肢や、習慣があります。 『九州じゃんがら』では...

続きを読む