春限定「博多レトロ」の登場です。

温故知新の味、博多の懐かしいスープと博多細麺
そして『九州じゃんがら』オリジナルトッピングとの出会い…。
新登場の「博多レトロ」を『うまか味研究会』がご紹介します。

「博多レトロ」は正直な話、博多に「ぼんしゃん」を修行しに行って学んだときの味に一番近い味です。
最初にスープをすすって、一発目の感覚のコクが際立って、博多の長浜地区、漁師町のラーメンに近い味。
とはいえ、ラーメン屋の味は一軒一軒違いますので、まずはお試しください。
「ぼんしゃん」はこってりとろりのスープですが、「博多レトロ」はそれよりも濃度を薄く食べやすくなっています。
なんと言っても漁師が食べたのが起源。

麺の細さとストレートの感覚は、大盛りでは麺が伸びちゃって最後まで美味しくは食べられない!
だから、いつも美味しく食べられるようにと、麺のお代わり〜替え玉が生まれました。
これも文化ですね。
このデリケートな麺を味わうだけでも思い出に残る体験だと思います!
「博多レトロ」是非ご賞味あれ。

「博多レトロ」 880円
「博多レトロ」オリジナルめんたいごはんセット 1,100円
取扱開始: 2018年3月19日(月)
取扱店舗: 原宿1階店表参道じゃんがら2F日本橋店赤坂店(4月3日より)