永六輔さん作詞の曲「見上げてごらん夜の星を」は『九州じゃんがら』の社歌です。

1993年に原宿1階店を開店すると、永六輔さんがご来店くださるようになりました。奥様と一緒にご来店くださることもありました。
永さんのご自宅は表参道を挟んで店舗のお向かい辺りにありましたので、私たちが朝、表参道を掃き掃除していると通りかかられることもあり、「おはようございます」とご挨拶すると、いつも会釈を返してくださいました。

「見上げてごらん夜の星を」が私たちの心の歌、社歌であること、感謝の気持ちを是非、永さんにお伝えしたいと思いましたが、九州じゃんがらでは、著名人、有名人の方であっても、お客様である以上はご迷惑となるような特別な対応はしないことにしています。
どうしたら、自然な形でお伝えできるか考えた末、入社式などで使用している歌詞カードをお見せすることにしました。

まもなくして、永さんがご来店されましたので、「見上げてごらん夜の星を」を社歌とさせていただいていることをそっとお伝えし、歌詞カードをお見せすると、「ムフフッ!」と声を出して笑っていらっしゃいました。
その場で特にコメントはいただけませんでしたが、私たちとしては永さんご本人にお伝えできたことで十分でした。

しかし、それからしばらく経ってのことです。
永さんのラジオ番組をいつも聴いているという方から、番組内で永さんがこのように語られたと私たちに伝えられました。

私の作った「見上げてごらん夜の星を」を大事に歌ってくれている会社があるんです。
私がよく行く原宿のラーメン屋さんの会社なんですけどね。すごく嬉しく思っています。

 
私たちが社歌にしていることを永さんが公認してくださったと本当に感激しました。
私たちとしては、お伝えできただけで満足でしたが、永さんが心に留めていてくださり、ラジオ番組の中でそのことに触れてくださったことは、私たちに心の繋がりがあったからこそではないかと大変光栄に思っています。

年表にもどる