分厚い桑の一枚板のカウンター。このカウンターは、嬉しい時、悲しい時、突っ伏して泣ける。そんな高さに設定してあります。
どうぞご遠慮なさらず、大いに涙を流してください。
全長6メートル、重量1トンにもなるカウンターの天板は、天板の搬入のために正面の壁に穴を開け、クレーンで運び入れました。

ソファや椅子はイタリアの ARFLEX, BENEDETTA, CORNELIA。
1990年のオープンから、傷みがあればその都度修繕して使い続けておりますので、味があります。
納入がオープンに間に合わず、なんと数ヶ月も遅れて届き、スタッフを冷や冷やさせた逸話もあります。

他にも、照明はデンマークの Poul Henningsen。目を引く真っ赤なビールサーバーは旧西ドイツの TENSEN。
壁には漆喰を使い、お客様の寛ぎと居心地を追求した空間となっております。

料理は、九州産の食材を主に取り寄せ、オリジナルのメニューを約50種ご用意しております。
ドリンクは、ウイスキー, ワイン, 焼酎, カクテル, バーテンダー狩野がオリジナルカクテルやノンアルコールカクテルを提供いたします。

文化交流倶楽部「バール・デ・じゃんがら」。
看板もサインも出していないのは、ご紹介によって広がっていくお客様と出会っていきたい。そんな思いからです。
 
年表にもどる