1990年にオープンした「バール・デ・じゃんがら」は、現在の場所になる前に、1年ほど原宿の東郷神社近くにありました。
「ブルカン塾」を営んでいる私たちは、私たち自身も勉強して教養や見聞を広める必要があり、そのための場所を作りたいという思いがありしたから、単なるバーではなく、「文化交流倶楽部 バール・デ・じゃんがら」という屋号としたのです。
「バール・デ・じゃんがら」では、いろんな音楽に触れたり、様々な交流会、勉強会を開催しました。
そんな頃、入社したばかりのあるスタッフが、オペラを嗜むということで、彼に歌ってもらうことにしたのですが、そこで彼が選んだ中の1曲が「見上げてごらん夜の星を」でした。
もちろん、彼の歌唱力もありましたが、歌詞の一節《 手をつなごう僕と、追いかけよう夢を、ふたりなら苦しくなんかないさ 》このフレーズがまさに今の私たちだと感動して涙してしまいました。
それからは、何かにつけて「見上げてごらん夜の星を」を皆で歌うようになりました。毎月1回、スタッフのお父さんが経営されているカラオケスナックに晩餐会と称して集まり、スタッフの懇親会を開いていましたが、そこでも必ず歌いました。
それから、入社式や社内旅行、交流会など折に触れて歌いましたので、自然と「見上げてごらん夜の星を」は、九州じゃんがらの心のうた、社歌となったのです。
 
年表にもどる