「スープが濃すぎる」というお客様からのクレームにより、1984年の開店二日後に、一旦封印した『九州じゃんがら』の「濃厚スープ」。
そのスープがふたたび、表舞台にあらわれますのは、四年後の1988年です。
創業当初、目指したらあめんの姿がありました。でも、それは受け入れていただけなかった。だからといって、手放してしまうわけにはいかなかったのです。四年という時間は、思いがけない挫折と、それに立ち向かうだけの自信を得るために要した時間でもあります。
結果、『九州じゃんがら』の「濃厚スープ」は、あらゆる技術と手間を惜しまず注いで、進化した姿に生まれ変わりました。それが「ぼんしゃん」なのです。

ある時、フランス人のお客様がこの「らあめん」を召し上がり、おっしゃいました。
「コンソメスープと、ポタージュスープを混ぜ合わせたような素敵な味ですね!」
「トレビアン、セボン! (とってもいい、おいしい)

この「セボン」の「ボン」から「ぼんしゃん」という名前が導き出されました。
このきれいな響きの言葉を改めて調べましたら、フランス語で「Bon Champ」とつづって「良いふるさと」、「Bon Chant」とつづると「素晴らしい歌」という意味になりました。素敵な言葉の意味に満場一致で「ぼんしゃん」と命名されました。
 
年表にもどる